医師非常勤と医師転職

日本の医療の今を知る!Hospital Style

産業医に医師転職を行う

これまで医療機関で働いていたとしても、産業医に医師転職をする医師もいます。医師の働き先については、さまざまでありますので、一人ひとりの医師の適正にあった場所で働くことが大切になります。

産業医においては時間などの融通がきくことから、医療機関から移る医師も珍しくはないようです。どちらが一概に良いと言えません。産業医においては、怪我の処置というよりは精神面でのサポートやカウンセリングなど、その企業に所属する社員の健康管理になります。

医療機関の治療と大きく異なりますので、最初は戸惑う医師もいるかも知れませんが、社員の健康を守る大切な役割を果たすことになります。

医師転職を決行する際の留意するポイント

医師転職を決行するにあたり、様々な要因があるかと思われます。転職先を探す際に注意すべきポイントを述べますので、ご一読下さい。一見好条件に見える求人ですが、好待遇に理由がある事も多々あります。極端に激務であったり、外来が多かったりと勤務時間が一定でない場合もままありえます。

他には求人通りの職務でなかったり給与でなかったりと、落とし穴が以外に多いのが実情です。転職してからのトラブルを避ける為にも、希望求人の実情を応募前に確認する事をお勧めします。

転職先の部門数を調べ、勤務しているスタッフの内訳を見る事も有効です。更に、口コミサイトで生の声を調べるとより把握しやすいです。

今後の医師転職サイトを調べておく

新しく登場している医師転職サイトについて、転職サイトとして活用できるかチェックしていく必要があります。

思っているような状況にならないなど、メリットを得られないようにしている場合は注意したいところです。しかも豊富な部分で問題を解決してくれて、転職しやすいようなイメージを持たせてくれるのが大事になります。

かなりいいとされている部分を知っておくことが大事ですから、今後登場してきた転職サイトはうまく利用していきたいところです。医師転職を考えている人は、なるべく情報を多く得るようにして、サイトから考えていきましょう。

医師転職の関連記事