医師非常勤と医師転職

日本の医療の今を知る!Hospital Style

病院とは

医療法上、一定規模以上の医療機関を病院といい、小規模のものは診療所と呼びます。

医師又は歯科医師が公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であり、病床数20床以上の入院施設(病棟)を持たなければなりません。 なので、病床数が20未満のものは診療所になります。

医療従事者とは

病気や障害を持った人に対して、専門的な知識や技術で生活できる手助けを行う人たちのこと。

医師、看護師や言語聴覚士、作業療法士、介護福祉士などさまざまである。

条件を絞って医師転職

近年では膨大な量の求人情報が置かれているため、ある程度、最初に絞り込んだほうが良いという指摘があります。

まず、優先順位を決めて、年収、希望地、病院の大きさ、専門分野など、自分が譲れない条件で探してみてはいかがでしょうか。または、すでにもう行きたいという希望がある場所があれば、エージェントに直接相談してみても良いかもしれません。

より良い、医師転職活動ができると良いですね。今は、どこも医師不足ですので女性の医師の方でも、復帰されたいとお考えであれば非常勤アルバイトから復帰を考えてみても良いかもしれません。

女性医師が働きやすい小児科の医師求人

女性医師というのも、一人の女性であります。ですので、もちろん結婚をして出産をするという事もあるでしょう。しかしそうなってくると、なかなか医師として働き続けるというのは難しいのかもしれません。

中には働く意欲はあるというのに、働けていないという医師もいる事でしょう。とはいえ小児科というのは、医師不足に悩まされていますので、医師募集をたくさんしています。

ですので、出産をしても女性医師が働きやすい環境を整えていく病院が増えてきています。深刻な医師不足の今だからこそ、女性医師がまた働くための環境を整えていくことが必要です。