医師非常勤と医師転職

日本の医療の今を知る!Hospital Style

医師転職について

医師として転職活動を行っている人の多くが、転職支援サイトに申し込んでいるのではないでしょうか。

一つのサイトに登録するのではなく、気に入ったサイトが見つかればいくつでも登録している人が多い様ですね。

サービスの内容や口コミの情報などで医師はどのサイトがいいのか選ぶ事が多い様です。

また、キャンペーンを行っている転職支援サイトもあり、登録を行った医師やもしくは無事に職場が決まった人に対して、商品券などのプレゼントを行ったりしている事もある様です。

登録を終えると、すぐに仕事が見つかる人もいれば時間がかかる人もいる様ですね。

就職先が決定すれば、会社にその連絡を行いたいですね。

医師転職は求人数が多い

医師転職を考えている方は求人サイト、もしくは人材紹介会社を利用しますが、どちらにしましても求人数が多いのが特徴です。

なお、医師の求人は診療科目選びが重要で、特に自分が得意とする科目を選ぶ方が良いとされています。どの科目を選ぶにしても、通常1200万円以上はもらえますので給与面で不満は出にくいです。もちろん、人材紹介会社のコンサルタントに交渉してもらえば年収2000万円以上も可能ですので、勤務地や給与などに条件がある方は利用するメリットがあります。

人材紹介会社を利用しなくても医師の転職サイトはありますので、面倒なことが嫌いという方は転職サイトから探すのも方法です。

医師転職は珍しいことではありません

開業医でもなければ、最初の勤務から定年までずっと同じところで働くわけではありません。待合室などに、診察する医師の名前が書いてある当番表のようなものを見たことがあると思います。しばらくぶりに診察に行くと医師の名前が変わっています。

大きな病院では割合多く診察する医師が変わります。結婚して家庭ができたり、子供が小さかったり、子供の学校のことや、親の介護があったり、状況が変化していきます。当直や残業が多い職場から、当直や残業の少ないところに代わったり、地方の勤務地から、都心の最新の技術を学べるところに代わったりと、医師転職は多いです。

医師転職を活用して新領域で活躍しよう

近年様々な職種の働き方が変わってきて、一昔前のような、定年まで同じところで働くという価値観は、今は廃れつつあります。医師においてはそれが顕著です。専門的な能力を持っているので、どこへ行っても活躍できます。医師転職サイト等を利用して、新しい仕事を探してみると、様々な待遇や勤務地、担当領域の中から自分の好きなものを選ぶことができます。

これを活用して、新領域に挑戦してみるとよいです。医師としてのスキルアップにもつながりますし、自分のキャリアにも幅ができますので、なんでもできる医者として有利に戦うことができます。

医師転職の関連記事