医師非常勤と医師転職

日本の医療の今を知る!Hospital Style

産婦人科の医師求人の年収

最近は少子化の影響もあって閉鎖などが進みつつあります。また医師求人をみても産婦人科の医師は全国的にも足りていないようです。

分娩や手術のできる医師求人の需要も多いです。女医や手術が可能な男女常勤務の医師を必要とされています。

産婦人科医の年収は1,000万円から1,500万円くらいです。全国の医師の平均年収では、1,000万円ほどです。転職の場合は最低の経験が3年以上必要になります。

年齢差、都心、地方の医師求人によっても少しは違ってきますが、経験があれば20代後半から30代前後では1,000万円はくだらないようです。ベテランになると3,000万円ほどの収入のある医師もいます。

医師不足なので産婦人科の医師求人は引く手あまたですね。

足りない医師求人の情報を増やす

求人に書かれている内容が不足していると判断できる場合は、とにかく増やせるような方法を採用していくしかありません。どうしても増やしたいと思っているなら、病院に直接話しをしておく必要もあります。しかし連絡を入れても、担当者が対応できない場合もあります。

医師求人の場合、サイトに掲載されているのであれば、コンサルタントで連絡を取り合える可能性もあります。そうした状況を作っておくことが何よりも大事になっていて、問題を防ぎやすくなります。なるべくコンサルタントを活用するようにして、問題なく相談できる状況を作りましょう。

失敗しない医師求人選びのコツ

医師求人の探し方には、さまざまな方法があります。インターネットの求人サイトを利用する方も多くいますが、一般公開されている求人はあくまでも一部の情報なので、未公開になっている求人も数多くあります。

医師や看護師といった、求められる資格が限定されている場合には、病院も不特定多数に向けた求人ではなく、非公開求人を募集することもあるのです。求める資格や経歴がある人材を効率よく募集するためにおこなわれており、こういった求人は医師専用の求人サイトから確認することが可能です。

転職を希望する際には、非公開求人もチェックしてみましょう。

見た目以上に医師求人の給料は高い

ただ給料が掲載されているのではなく、実は何らかの方法によって増やせることも書かれています。金額的に良いとされているところを見ておけば、相当な給料が得られる可能性も把握できるでしょう。そうした状況を作りたいと思っているなら、医師求人をチェックしてください。

手当などの数字は、求人に書かれている情報ですから、しっかりと見ておけばどうにか対応できるはずです。

医師求人に書かれている手当を見ておくと、給料だけでなくかなり高い金額が得られるようになる場合もあります。その金額をしっかり把握するために求人を見てください。

医師求人の関連記事